平均寿命80才が周知の事になって来てる現代、健康管理に関したものに遭遇する事が多くなったと思われます。まだまだ健康のことなど考える必要がないと思っていたのです。しかし、アラサーになってから、わたし自身の健康について熟慮するときが到来したみたいです。アラサーになり、お酒を飲んだ翌日に倦怠感があったり、夜明かしすると疲れが残り、少し前までとは違うカラダの変化を身に染みる様になってきました。今の生活では心身共に良い生活じゃないなと自省する場面が頻繁になるのではないでしょうか。三十才に入って無理は効かないと身に染みるようになったのですが、ちゃんと様々な健康の方法をやって可能な限り健全な日々のキープに努力を注ぐ事がこれからの30代を有意義に生きるヒントなのかなと思ってます。